化粧品の合成防腐剤の危険性

そもそも防腐剤とは、どういうものなのでしょう?

 

読んで字のごとく「腐らせないようにするための成分」ですが、詳しく言えば
微生物の増殖を抑制する静菌作用を目的として、買ってきたその商品を使い終るまでに
混入している微生物によって、変質、変臭、カビの発生などを起こさせないようにする成分です。

 

主な防腐剤には化学合成された合成防腐剤があって、代表的なものに
パラベン、フェノキシエタノール、ソルビン酸、フェノールなどがあります。

 

パラベンは、人によって接触性皮膚炎を起こしたり、アレルギー性湿疹を起こす危険性があったり
ちょっと危険な合成防腐剤です。
一口にパラベンといっても、パラベンには、メチル・エチル・ベンジル・ブチル・プロピルの5種類あります。

 

メチルパラベン
敏感肌の人はごく低濃度であったとしても、刺激を感じたりする合成防腐剤です。

 

エチルパラベン
シミの原因になりうる光毒性の作用があると言われています。

 

ブチルパラベン
油に溶けやすい性質があり、経皮毒となりうる危険性があります。

 

フェノキシエタノール
パラベンは肌に良くないというのは、ご存じの方は多いと思いますが
フェノキシエタノールも実は毒性が強い合成防腐剤です。
パラベンより防腐能力が落ちますので、防腐能力を補うために配合量が多めになるケースが多いです。

 

 

 

化粧水・クリーム・乳液などの基礎化粧品、メイクアップ化粧品などほとんどの化粧品に
合成防腐剤は入っていますが、表示義務があります。
だから、敏感肌や肌が荒れやすい人は化粧品を購入する際
裏の配合表示表をしっかり見て、合成防腐剤が入っている化粧品を選ばない方が無難です。

 

春です。植物コスメデビューしませんか?

 


多くの芸能人の方に愛用されているだけでなく、勝田小百合さん・小松和子さんというプロも
「真実のナチュラルコスメ読本」の中でオススメしていたのがコレ。

植物の力、実感してみてください。詳細は⇒こちら